BLUE BOTTLE COFFEE

中央区
スポンサーリンク
BLUE BOTTLE COFFEE

銀座

さてさてついにこの珈琲が銀座にオープンすると言うことで、しかも私の大好きなあの方の食器を使用されると言うことで、これは行かないわけには行かないですよね!実際店員さんの情報ですと珈琲には興味が無いけれど、食器には興味があるんですというお客様も多く来店されているようです!もう感激ですね!もっとファンが増えれば良いのに!!なんて思いながら、私は一緒に行った両親に見所を熱弁します。カフェ好きなら、この方の名前は覚えておきましょうね。

「イイホシユミコ」  ・・・様!!!です。

私の中では常に猿田彦とブルーボトルが戦争している訳なのですが、はたしてどちらの人気が飛び越えていくのか。猿田彦も国外進出がめまぐるしいですよね!本店のみだったころから存じ上げていますので、ここまで大きくなったんだなぁ・・・と嬉しくなります。

自家焙煎した旬のコーヒーを熟練のバリスタが抽出するブルーボトルコーヒーが、GINZA SIXの地下2階に、2019年8月16日(金)よりオープン致しました。

別に言わなくても良いところですが、間違えてスタバのある6階に行ってしまってすみません。あおあして、こちらのスタバもオススメです。蔦屋書店併設となっていますので、もう本好きさんにもたまらない。1日中・・・以上いられる場所となっています。

店内のメニューは、磁器作家イイホシユミコ氏のReIRABO(リイラボ)シリーズとコラボレートして制作した、オリジナルの器で提供されているそうです。オリジナルなので、他では見られないという・・・みなさん、行きましょう!

コラボレートして制作されたカップとプレートは、岐阜県の工房で職人が1つ1つ丁寧に作りあげたものだそうです。ドリンクでは、カフェラテやカプチーノがこのカップで提供されるそうです。もう通常のお値段以上の価値ありまくりですね!

店内は白が基調となっており、画像上では木のテーブルとイスが並びますが、他にも大テーブルやソファー席もあります。ただし、団体様には向かないかと思います。あくまでデパ地下の一角なので、ガヤガヤを言うよりは静かにくつろぐ場所となっています。

雑貨、グッズも様々なものが販売されています。トートバックもかわいいです!

その中でも注目の食器は、コップ2点とプレート1点が取り扱われています。

 
Latte Cup(Blue Bottle Blue)
サイズ:直径 99 mm × 高さ 62 mm 価格:3,000円

Cappucino Cup(Blue Bottle Blue)
サイズ:直径 84mm ×高さ 54mm 価格:2,400円

Round Plate M(Blue Bottle Blue)
サイズ:直径 118mm × 高さ 24mm 価格:1,400円

ぜひ購入させて頂きたいところですが、これから服をおねだりしに行くところなので、戦場にステキな食器を連れて行くわけにも行きません。また別で行きたいカフェがあるのでその際にでも。

フードメニューも充実しております。

ブルーボトルのフードメニューと言えば、やはり代表的なワッフル・・・

しかし、本日はこれがお目当てでは無いのです。

他にもブルーボトルならでは!といえば、準備が出来たら名前で呼んで下さることですよね。

私はいつも名字にするのか、名前にするのか、呼ばれてみたい偽名にするのか(笑)ちょっと迷って、いつも名前にしております。ただ、私の名前はよくある「かな」なのですよ!いつかかぶる気がする・・・そして私と同じ名前の人が、私のドリンクを・・・

さっきお昼を食べたばかりにもかかわらず、私には食べたいものがあります。

それが銀座カフェ限定のアイテムとして新登場した、「グリルド サンドイッチ プレート(エッグ&チーズ)」(864円)。折角来たのであれば、これは食べないわけには行きません。

シンプルなエッグサラダにディルを加え、爽やかなハーブの香りで風味を引き立てたサンドイッチは、グリルしたチェダーチーズの香ばしさも楽しめます。

サンドイッチ用のパンには、代々木上原にある「カタネベーカリー」のパンを使用しているそうです。わー・・・まだ行ったことがないですが、名前はよく聞きますね。

水分量が多いセミハードのパンを利用しているため、ギュッとプレスして焼いても中にしっとり感があります。プレートには旬の野菜を使ったピクルスも添えられ、季節の彩りもプラスされています。ピクルスが苦手な方は抜くことも出来ますので、遠慮無く店員さんに行ってみて下さい。

このプレートをはじめ、フードメニューはすべてオリジナルの器で提供されているそうです。

パンは本当にしっかりしているので、ナイフでがっつり目に行かないと、なかなか切れなかったりします。すでにプレスされていますが、自らさらにプレスすると悲しいですので、気をつけましょう。そして、せっかくのイイホシさんの食器を「ギコッ」とやると悲しいです。

チーズは結構濃厚なものを使用しており、たまごとパンとの相性は抜群でした。

ブルーボトルの珈琲って、表面にぽつぽつが出来るのが、他のカフェに比べるとダントツで早い!ような気がするのは私だけなのでしょうか?珈琲にそんな詳しいわけでは無いので、原理が気になるところです。

というわけでカフェラテを頂きました。

私の予想では9月は暑いのかと思っていましたが、ぜんぜんそんなこと無いですね。今年は1年通して寒そうです。ちなみにカフェインは体を冷やす効果があります。身体を温めてくれるホットドリンクと思いきや・・・飲み過ぎにも注意しましょう。

【店舗情報】

住所:〒104-0061 東京都中央区銀座 6-10-1 GINZA SIX B2F


営業時間:8:00 ~ 20:30(平日) / 10:30 ~ 20:30(土日祝)

 03-6264-6517

ブルーボトルコーヒー
We're a specialty coffee roaster with cafes in LA, SF, NYC, and Japan. Come browse our coffee, brewers, accessories, brew guides, and more.

コメント

タイトルとURLをコピーしました