CAFE TERVE!

かふぇまとめ
スポンサーリンク

CAFE TERVE!

池袋

やってきたのは、天然酵母パンと手作りスイーツを楽しむことが出来る西池袋のカフェです。

毎回、素敵なカフェばかりですがどうやって探しているのですか?と聞かれますが・・・特に何か変わっていることをしているわけではありません。インスラグラム、グーグルマップ、グーグル検索、アプリなどなどなど、やっていることはおそらく皆さんと変わらないと思っております。なので説明はしづらいので、私の行ったところだったり、とりあえず現段階で行っているところがみなさんの好きな系統なんだなと思いつつ、似たところをどんどん巡っていこうかと思います。

さて、話がそれましたが。全て天然酵母、国産小麦粉を使用しています。シンプルで美味しいパンを目指して、日々丁寧に手作りされているそうです。酵母は、ホシノ天然酵母、自家製レーズン酵母の2種類を使用しています。焼きたてが美味しいのはもちろんのこと、持ち帰っても、美味しく食べることが出来るそうです。もちろん、店内でも食べることは可能です。

お店で販売しているパンは日によって異なります。

青い屋根が目印です。池袋の住宅街の中に、ひょっこりとかわいらしい建物が現れました。

入り口には様々な植物のプランターもあり、レンガ造りの壁も、忙しい日常に安らぎを与えてくれます。

入り口を入ると、まずは雑貨やパンが販売されている棚があります。

開店以来変わらず、手づくりのものを提供したい、という思いから日々営業しているそうです。お店を大きくしたい、もっと変えていきたい、という思いよりも「長く続けられれば」というシンプルな思いで「CAFÉ TERVE!」の味は守られています。2019年で10年目に入っているそうです。

オープン当初は、パンのテイクアウトは行っていなかったそうです。しかし住宅街と言うこともあり、テイクアウトのニーズもあったため、途中から取り入れたそうです。

立教大学も近く、学生さんからも愛されるお店となっているのだとか。

メニュー

主なメニューはこのようになっています。どれも気になりますね。

ランチセットも気になりますが、パンセットも気になります。

5~6種類くらいの様々なパンを楽しめるセットとなっているそうです。実際、ネットで画像を検索してみましたが、おいしそうなパンが並びすぎて、心が揺さぶられます。

パン・・・のセットではありません。ランチセット。

ついてきたのは3種類の食パンです。

■角食パン

定番の食パンです。
カリッと焼いてバターを塗ってジャムや蜂蜜をつけても美味しいです。
国産強力粉、てんさい糖、ホシノ天然酵母、沖縄の塩、水だけで作ったシンプルなパンです。
1斤¥600 / 半斤¥300

■レーズン食パン

有機レーズン使用。
1斤¥760 / 半斤¥380

■くるみ食パン

全粒粉入りの生地に香ばしいくるみを練りこんでいます。
1斤¥800 / 半斤¥400

丸い小さなお皿に、いろんな味が詰まっています。

ランチセットは3種類あり、

野菜スープ、サンドイッチ、野菜デリ、各1000円です。

私は野菜デリにしました。

デリなどその都度変わるようですので、詳細は店舗にご確認下さい。

この日は、

・野菜のトマト煮

・キャロットラペ

・グリーンサラダ  などなど。

上から

この写真を見て思い出しました。痛恨のミス・・・。

私がこちらで珈琲を頂いたのは、その名前が面白かったからなのです。

2種類の特徴的な名前の珈琲があったのですが、まさかのそれを・・・・・・・・・・・・ごめんなさい。

お友達は野菜スープのセットにしていました。赤カブが使用されているそうなのですが、とても印象的な色ですね!

今回はデザートは頂きませんでしたが、スコーンやベーグルなども人気だそうですので、股食べてみたいところです!

みなさんもぜひ、行ってみて下さいね。

 

【店舗情報】

東京都豊島区西池袋3-33-24  アポロマンション1F

TEL:03-5944-8724

OPEN 10:30-19:00
水曜定休 (木曜不定休)

CAFE TERVE!
CAFE TERVE!(カフェ テルヴェ)は天然酵母パンと手作りスイーツを楽しむことが出来る西池袋のカフェです

コメント

タイトルとURLをコピーしました