Cafe Obscura

世田谷区
スポンサーリンク

Cafe Obscura

三軒茶屋

前々から耳にすることがあり、そろそろ行ってみようかと足を運びました。2009年4月にOPEN。OBSCURA COFFEE ROASTERSとしては三軒茶屋に3店舗と焙煎所がございます。三軒茶屋と広島で展開されているコーヒー専門店。

珈琲本来の味わいをすっきりと表現することができるサイフォン式抽出にこだわり、1杯ずつ丁寧に抽出してくださっています。店内に広がる珈琲の香りやサイフォンボールに映る気泡の美しさを楽しめる空間です。

店内での飲食の際には、小さいお子様(10歳未満)のご同伴はご遠慮いただいているそうです。テイクアウト及び店外の席での飲食は可能です。店内も狭いため、みなさんで理解し合いましょう。

おそらくたいていの人が向かってくるであろう方向に向かって、ロゴマーク。1本通りを入った、住宅街の中にあります。私の家の近くにも来てほしい・・・と思いつつ、もっとアピールしてくれないと見逃しそうですが。三軒茶屋は、こういった立地のカフェがなんとなく多い気がします。

それを探すのも楽しみの1つですね。

こちらは外に出ているメニュー看板ですが、中のメニューはもう少し詳しく書かれています。外で気になるものを発見したら、すぐさま中へ駆け込みましょう。

シンプルな傘立てと、混雑しているときはそこのベンチで待つかたちになるのでしょうか。

平日に訪れましたが、良い感じに入れ替われる程度の混み具合でした。

中は無機質な空間で、おしゃれな音楽が流れます。落ち着いていて、あんまり大きな声で話すと、おそらく目立ちます。どちらかというと、おいしいコーヒーとフードメニューを楽しむながら、おのおのの時間を楽しむというような空間です。

面積自体は狭いのですが、道側は全面窓になっており、開放感のある店内になっています。どちらかというと薄暗いカフェなので、太陽の光が入ってくると、ちょうど良いぐらいの照明となっています。

壁には雑貨やギフト、本などが並んでいます。

三軒茶屋駅を軸に、カフェと逆サイドに行くと、豆や珈琲関連器具の販売を行っている店舗も存在します。obscuraは、調べてみるといろんなところに珈琲豆の供給も行っていたりします。そういったところも調べてみると、あそことあそこは繋がっていたんだな・・・と面白くなったりもしますよ。

2つのカウンターがあり、手前のカウンターは自宅で楽しむ珈琲豆について、 奥側のカウンターでは珈琲の淹れ方や器具などについて、経験豊富なバリスタが相談を承ってくださっているそうです。 また、店舗の奥側にはトレーニングルームを併設しており、コーヒーショップを開業したい方、 バリスタとしてのスキルアップを目指す方などにご利用頂けます。なので、どしどしご利用を!

というわけではないですが、私はブラジルの珈琲を頂きました。

私は実はブラックコーヒーが苦手なのですが。本当にみなさんいいいたい!

まずチェーンのブラックコーヒーで苦手意識を持たないでほしいです!全く違います!そして豆によって、だいぶ味が違います!まずそれを理解した上で、いろんな珈琲豆に挑戦し、そしていろんなバリスタさんに、いろんな抽出方法で入れてもらってから、飲めないと断言してほしいです…。(カフェイン苦手など、そういったことはおいておいての話です)。

私は挑戦した結果、ブラジルは飲めることが判明しました。理由は、そんなに苦くないんですよねという・・・お子様みたいな理由。チョコレートはビター派なのですが(笑)

プリン

そしてコーヒーのお供は、プリン様。

実はここにプリンがあるというのは知らずにやってきたので、知った瞬間のテンションがすごかったです。思わず口に出してしまったので、両サイドに座っていた方が反応してしまいました(笑)

プリンは見た目ぷるぷるかな、と思っていました。若干下に沈んでいる感じがあったので。しかしスプーンを入れてみると全く違いました。しっかり弾力があります。そしてただしっかりしているのではなく、ねっとりという感触もありました。なんとなくの直感ですが、なにか他と違う!と感じたのは覚えています。

本当にシンプルなプリンです。上にのっているのは、生クリーム。あんまりゆっくり食べていると、とろけますよ♪

団体で訪れると言うよりは、本当に個人もしくは数名でゆっくり時の流れを楽しむと言ったようなカフェです。

みなさんもぜひ行ってみて下さいね。

 

【店舗情報】

〒154-0024 東京都世田谷区三軒茶屋1-9-16

11:00 – 21:00

定休日:水曜日

コメント

タイトルとURLをコピーしました