FLUX CAFE

代官山
スポンサーリンク

FLUX CAFE

代官山

渋谷と代官山の丁度間ぐらいのところに、おいしい和食を提供してくださっているカフェがあります。本日はそちらへお邪魔してきました。何度か前はとおったことがあって、いつもそれだけだったのですが。そろそろ行こうかなと思ったので、ついに!

2015年10月にオープンした和の食卓です。老舗割烹の味をベースに、低脂肪、高たんぱく、低グルテンの美味しいおばんざいをお届けしてくださっています。

日本人の特徴的な感性である「調和」をテーマに、和食をベースとした食事にいくつかのキーエッセンスを調和させた食の形がここにあります。世界中で愛される、出汁や旨みのきいた和食を老舗割烹若女将がプロデュースにあたっています。

シンプルな調理法ながら引き出される旬の食材の魅力がたまらないカフェです。ヘルシーでありながら満足度も高い和食たちは、日本文化ならではの発酵食品や麹、旨みを引き出す調理法を採用しています。隠し味や仕上げにさりげなく使用するスーパーフードなど、伝統と現代のエッセンスをうまく取り入れ調和させたモダンジャパニーズを提案してくださっています。

食材は主に鹿児島を中心とした九州産だそうです。その日のコンディションに合わせた和食の優しい味と和文化ならではのおもてなしを心地よく楽しむことのできる空間となっています。

入り口はこのようになっています。メニューボードも2つあります。

メニューはカウンターで注文することになっています。入り口で決めても、中に入ると、メニューリーフ?もあるので、それを席で見て決めてから注文することも可能です。冬なので、中で席に座って決めたほうが暖かいかもしれません。

また、席の確保も自分で行います。ご注意ください。

 FLUX CONDITIONINGSを利用するアスリートをはじめとしたお客様向けにプロテインプレートも用意されています。さらに、甘酒スムージー、ALL PRESSのコーヒー等、飲み物も充実していますよ。

月に1回、FLUX CAFEの女将がおばんざい料理とお酒でお客様をおもてなしする 「女将の台所」も実施しているそうです。

店内はこのようになっています。

どこもかしこも木材、木材。木のぬくもりに包まれています。代官山という都会の中なので、木の香りに癒されます。

入り口を入って左右にカウンター席があるのですが、右のカウンター席のテーブルは少々狭いです。荷物かごはあるので、利用した方がいいかと思います。

お腹が減りすぎていたので、おばんざいセットをいただきました。

小鉢3点はその日によって異なります。

どら焼きと。注いで撮るのを忘れてしまったのですが、ドリンクはルイボスティーです。

ルイボスティーはノンカフェインの飲み物です。みなさんも眠いときやエネルギーがほしいときにある程度カフェインを摂取するのはいいかと思いますが。普段の何気ないときは、ノンカフェインをオススメします。カフェインは胃を荒らすので、あまり大量摂取はオススメしません。

どらやきは粒餡で、あずきがゴロゴロとしていてとても美味しかったです。やはり私はこしあんより粒餡派!!

裏の食品表示があったので、撮っておきました。

加工黒糖が1番気になります。

さとうきびの搾り汁をそのまま煮詰めて出来る黒糖(沖縄黒糖や輸入黒糖など)を必ず含んでいるものと定義されています。主原料は、沖縄で育ったサトウキビから取れた粗糖・蜜糖・黒糖です。製糖工場で生産されたそれらを保存して、注文に応じてブランド加工しているそうです。年間を通して、安定供給されている砂糖です。

わざわざ鹿児島で製造されたものを取り寄せているんですね。非常にこだわりを感じます。

米粉ロールケーキ

味は「プレーン」「明日葉」「竹炭」の3種類あり、400円です。

店員さん曰く、見た目の色が違うだけで、味はほぼいっしょだそうです。。。

それでいいのか?…と思いつつ、食べてみると確かに一緒でした(笑)

甘さはかなり控えめです。クリームとスポンジはふわふわしていて、触感を楽しむ!というメリットが1番大きく感じられたかと思います。また、やはり健康に配慮されているだけあって、甘さ控えめなのかなと思いました。

個人的には甘すぎるほうが苦手なのでちょうどよいですが、甘いのを期待して食べられる方には少々物足りないかもしれないです。

別日に訪ずれたときの、おばんざいセットです。

豚汁と漬物。

塩焼き、きんぴら、キヌアのサラダをいただきました。

モリンガティーをいただきました。

モリンガは、今日本でも注目されつつある、スーパーフードの1つです。

インドを原産とするワサビノキ科の植物です。インド、アフリカ、フィリピン、インドネシアなどの亜熱帯の国々では古来より薬や美容、健康のために利用されてきました。海外ではその栄養効果の実績と称賛を受けて、非常に高い注目を浴びています。世界三代美女のクレオパトラが、モリンガのオイルを肌に塗り、モリンガのお茶を飲んで美しさを維持していたという話もあるそうですよ。

モリンガは、ミラクルツリー(奇跡の木)ともいわれており、人間や動物にとって重要な栄養素が豊富に含まれています。ビタミン、ミネラル、アミノ酸がバランス良く含まれていて、ビタミンCはオレンジより多く、またカリウムはバナナより、鉄はほうれん草より多く含まれています。

焼き芋、サツマイモです。

種子島北部安納地区で取れた最高金賞受賞、そして残留農薬無しの安全でおいしい安納芋を使用し、毎日お店で石焼きしてくださっています。

大きさはS/M/Lあるので、そのときの胃袋にあわせて食べられます。Sが拳より小さいくらいです。

安納芋は鹿児島県の種子島で古くから栽培されている在来種です。加熱すると果肉は濃い黄色になり、サツマイモのなかでも水分が多く粘質となっています。生の状態でも糖度が16度程度と高いので甘味が強く、とろけるような口当たりが楽しめます。切り口に蜜が出ているものは糖度が高いといわれていますよ。

とても体が温まります。ぜひ、美味しい和食を堪能してみてくださいね。

【店舗情報】

東京都渋谷区猿楽町3−7

03-6452-5778

FLUX CAFE フラックスカフェ
その日のコンディションに合わせた和食の優しい味と和文化ならではのおもてなしを心地よく楽しむ空間 フラックス カフェ

コメント

タイトルとURLをコピーしました