茶亭羽當

渋谷区
スポンサーリンク

茶亭羽當

渋谷

渋谷に何かおしゃれな、もしくは素敵なカフェは無いかしら?と探していたら、ご紹介して頂きました。名前はなんとなく聞いていたのですが、喫茶店のようなカフェの経験値が少なすぎて尻込みしていました。

1989年にオープンして以来、お客さんの要望に応えて変わらないことを選んできたお店です。

渋谷にある、昔ながらの喫茶店というような店構え。このコーヒーは『ブルーボトル・コーヒー』の創業者であるジェームス・フリーマン氏も絶賛したんだとか。そんな情報を得てしまうと、そんなカフェを見逃していたのか!と後悔してしまいます。

渋谷駅から徒歩3分の、明治通りの脇道を入ったところにひっそりと佇んでいます。

入り口はこのようになっています。なんだか静かで落ち着いた雰囲気を感じます。中に入ると、みんな静かに珈琲というものを楽しんでいるのでしょうか。勝手なイメージが膨らみます。

実際有名人も、こちらのお店を訪れるそうです。

店内、入ってみると予想が覆されました。どこぞの酒場?という感じに賑わっておりました。席は全て埋まっており、それぞれのテーブルでお客様が会話を楽しんでいます。そして数名、並んで待っているお客様もいらっしゃいました。団体で利用するのは、少々難しいかと思います。

右側がキッチン兼カウンター。

壁際には、このように素敵なカップがたくさん並んでいます。どこからこんなにたくさん集めてきたのか。経営者のセンスを感じます。

カウンター

カウンターに座ると、目の前で珈琲を入れるところを永遠に見ていられます。

一応この日は友達と来ていたのですが、ずっと見とれて話し処ではありませんでした(笑)

静かに熱湯が注がれて、静かに落ちていく珈琲。思わず幸せのため息がこぼれるほどです。

珈琲は数名のバリスタさんがおり、いろんな人の入れ方を比べるのも面白いです。

炭火煎羽當オリジナルブレンドやオールドビーンズの五番町・楡(ニレ)というもの、キリマンジャロやブルーマウンテンといった定番までコーヒーは種類豊富に取りそろえられています。

上から

私の大好きな、ブラジルを頂きました!やっぱり飲みやすい♪

最近のカフェでは、コーヒーを淹れるためのレシピや手順を細かく決めているお店も多く、バリスタさんたちは、スケールを使って豆や水の分量を確かめていたりもするそうです。一方、羽當のバリスタさんたちは、長年の経験から培った手元の感覚だけで確実に美味しいコーヒーを作り続けているそうです。これはまさに職人技、そう易々と他の珈琲店が真似できる技術ではありません。

みなさん、もちろん珈琲も楽しんでいましたが、フードメニューも一緒に注文されていた方が多かった印象です。シフォンケーキ、チーズケーキ、クロックムッシュなど、喫茶店といえば!というメニューがずらり!

みなさんもぜひ、行ってみて下さいね。

 

【店舗情報】

【住所】東京都渋谷区渋谷1-15-19 二葉ビル 2F
【電話番号】03-3400-9088
【営業時間】11:00~23:30(L.O.23:00)

コメント

タイトルとURLをコピーしました