塩そば 加とう

自由が丘
スポンサーリンク

塩そば 加とう

自由が丘

私がラーメンをリピするなんて、めずらしい。本当にそうなんです。

自由が丘の南口を出て1分程度のところに、1件のそば屋さんがあります。見た目は、白と木。ナチュラルな佇まいです。瓦の屋根があるというところが、趣もあり、かわいさもありますね。

最初は、気にはなっていたのですが、自由が丘に来る目的がたいていカフェなので。そばか…と思うと、なかなか足を踏み込めずにいました。しかし、いつまでも気になったまま放置してもしょうがないので、突入!するとドハマりしてしまいました。

あ、私、普通に1人ラーメンとかできる人です。でも牛丼は1人でいけない人です。ラーメンはあまり男男しているところで無ければ余裕でいけるのですが、なぜか入れないのです。ですが、今度ちょっと挑戦してみましょうかね。

菅野製麺所

ラーメン・つけめんの製麺会社です。長年培ってきたノウハウと豊富なデータを駆使して、300種類以上のオリジナル麺を製造しています。すごい数ですね!

素材となる大切な小麦粉は、結露を防ぐ布サイロで小麦の種類ごとに管理されています。私もそんなに詳しくは無いのですが、小麦粒の水分が高い場合や、サイロ内外の温度差から生ずる結露や雨漏れなどにより小麦粒が濡れると、比較的短期間で小麦が熱を持ち、変質が急速に進むケースがあるそうです。なので、そういった品質変化を防ぐためにも、大切なことなのだそうです。

材料をすべて撹拌した後は、機械によって上下から圧延され、適度な温度・湿度で熟成されます。こちらの麺は、なめらかでコシがあるのが定評なのですが、こうした圧延や熟成の過程にこだわっているからこその実力だそうです。

店内はカウンター席が基本となっています。食券の販売機があるので、そちらで券を購入してから席に着きます。ライスのサービスもありますよ。

もりもり食べたい方には嬉しいお話ですが。私は基本的に炭水化物×炭水化物の組み合わせはオススメしません。

目の前には、スープのおなべが。

何かがぐつぐつ煮込まれているのは分かるのですが!何かは分かりません(笑)

なかなか、まだまだお鍋の仲間でじっくり見れるようなところに食べに行ったりはしていないので。地味に貴重なシーン。

こちらで調理してくださっています。チャーシューが美味しそうです。

ちなみにこちら、つけ麺タイプもありますよ。

白い器が並んでいます。

こちらがメインの「塩そば」です。

なんてきれいなスープなんでしょう!そして見た目もお洒落なので、女性でも嬉しくなりますね。こってりを食べたいときももちろんありますが、やっぱりラーメンですらお洒落に美味しく食べたい…。なんて願望。

赤いのはパプリカです。色のアクセントもあっていいですね!真ん中には白いネギもあります。

実は私は塩ラーメンは苦手だったのですが、ここのは食べられます!非常にあっさりしていて食べやすいです。

「醤油つけそば」を頂きました。830円です。

自由が丘が職場時代は、ほぼ醤油そばばかりたべていたのですが、ここにきてようやく別のものに手を出しました!つけそば!

メンマ、チャーシュー、ほうれん草、ねぎがトッピングされています。味玉は追加トッピングです。私の中で変な定義があるのですが、ラーメン(そば)を食べるときは、味玉が必須です。私の最後の締めなのです。これがないと食べきった!!!感がイマイチなく・・・。というちょっとしたこだわりです。

つけだれは全体としてはあっさりしていますが、醤油自体が濃厚です。非常に食べやすい。麺が女子にはボリュームがあるように見えますが、ぺろっと食べ切れました。

こちらのメインは塩そばです。

もちろん塩そばもおいしいのですが、何より奇跡なのは、「醤油」がおいしいこと。非常にあっさりとしていて、ペロッと食べられます。一応私も女子なのですが、ついついおかわりしたくなりました…が、やめておきましょう。たえるんだ!!

醤油そばの味は何度かリニューアルもされているそうです。かつお出汁と焦がしネギが特徴となっています。チャーシューもトロトロで美味しいです!めんまもぷりぷりとしていて、歯ごたえ抜群です。麺は細麺タイプです。

自由が丘は他にも何軒かまわったのですが、こちらはオススメです。味噌もあります。こちらも美味しいですよ!自分の好きなものを食べてみて下さいね!

ぜひ近くに来た際には、立ち寄ってみてください。

【店舗情報】

東京都目黒区自由ヶ丘 1-31-9

03-6421-4655

[月~土]  11:00~23:00
[日]    11:00~22:00

塩そば 加とう (自由が丘/ラーメン)
★★★☆☆3.22 ■予算(夜):~¥999

コメント

タイトルとURLをコピーしました