koe hotel tokyo

渋谷区
スポンサーリンク

koe hotel tokyo

渋谷

 ライフスタイルブランド「koé 」から、宿泊・ファッション・ミュージック&フードという3つのキーワードを軸にした、グローバル旗艦店が渋谷に登場しました。2018年2月9日(金)にオープン。国内外で活躍するクリエイターとのタッグで、「日本」と「世界」を見据えた視点と上質なデザインを実現しているそうです。

1階がブレッド&ダイニングとイベントスペース、2階がアパレルや雑貨のショップスペース、3階がホテルスペースというフロア構成されています。

入口

代官山で人気のフレンチレストラン「Ata」を手がける掛川哲司シェフがプロデュースしたベーカリーレストランです。様々なフードカルチャーが混ざり合う東京で、「今の東京のリアル(=ニューベーシック)な食」を上質に編集し、
体験できるようなラインナップになっています。

テーブル席からカウンター席、テイクアウトまであり、ホテルに滞在している人もそうでない人も、「食」を通じて時間と場所を共有できるコミュニティスペースとなっている。

内装1
内装2
内装3
内装4

ずらりと、たくさんのボトルが。最近おしゃれそうなところは、どこもボトルを並べていますね。やはりデザインであったり、ボトルというもの自体が空間を賑わせてくれるのもありますね。ただ、あまりにもどこも取り入れているので、ちょっと見飽きた感はあるかもしれないです。もう一工夫ないと、インテリアの差はつけられないかもしれないです。

カウンター席にはコンセントもあるので、長居したい人はこちらがオススメです。

主にはテーブル席で構成されています。念のため、自由席ではなく店員さんが案内してくださるので、待ちましょう!

パンも販売しています。テイクアウト可能です。近くに代々木公園もあるので、ここで購入して公園で食べるのも、楽しそうですね!

カトラリーもおしゃれです。こういった雑貨に注目することも、楽しみになってきました。メーカーなども分かってくると、さらに楽しめる気がします。ただ、スプーンとフォークに対して、入れ物が大きいようなので、食べるところをつかまなくてすむようなものだと、嬉しいかと思います。

メニュー1

イベントに合わせているので、結構変更になることが多い印象があります。

メニューは、モーニングからディナーまでのオールデイダイニング。世界屈指のグルメシティ・東京の“リアルな食”にふれてもらおうと、パン屋、カフェ、洋食屋、居酒屋、ラーメン屋といった日常の食をベースにしながら、ホテルのラウンジにふさわしい上質な編集で提供しています。その代表的なメニューはフレンチトースト、ハンバーガー、ラーメンなど。おなじみのメニューがどんなアレンジで登場するのか、ちょっと楽しみ。

同じく1階のイベントスペース「koé space(コエスペース)」では、新しい文化を発信することをめざして、いろんな分野のクリエイターやブランドとコラボレーションイベントを開催する。週末(金曜・土曜)には、さまざまなゲストDJのイベントも定期的に開かれるそうなので、音楽好きは要チェックです。

スムージーは、砂糖不使用のようです。

紅茶

テイクアウトのカップにしてもらうことも可能です。

アサイースムージーを注文しました。

熱いときにはたまらない。アサイーは濃厚で、ところどころつぶつぶ食感が楽しいです。

野菜のディップのプレートです。

奥のソースがアンチョビでした…。

私はアンチョビが苦手なので大半残してしまいました。

■豆花(ドウファ)

台湾のスイーツですが、アジア各地で食べられています。台湾の他、中国華南地方、香港では甘くして食べますが、中国北部では塩味で、中国西南地方では辛くして食べます。

呼び方も、豆腐脳(中国北部)、豆腐花(中国南部、香港、マレーシア、シンガポール)、老豆腐、豆腐生、豆凍などいろいろです。

豆乳に硫酸カルシウム(お豆腐を固める「にがり」のようなもの)で凝固させたもの。豆腐よりは若干柔らかい、ゼリー状のものです。ツルンとした豆花に、落花生、白玉団子(湯圓)、タピオカ、フルーツなどさまざまなトッピングをのせ、スープのようなシロップ(砂糖、黒糖など)をかけて食べます。

日本でも人気は高く、専門店もあります。

上から

こちらは「ローストビーフサラダ+バケット+スープ」のセット。イベントで提供されていたメニューです。パンはハード系なので、固めのもの。スープは濃厚な、コーンスープです。

■ローストビーフ

イギリスの伝統的な料理のひとつ。牛肉のかたまりをオーブンなどで焼き、薄くスライスしてグレイビーソース(調理された肉の肉汁で作るソース)などをかけて食べます。日本では、オードブルとして供されることもありますが、イギリスではメインディッシュとして食べられています。

牛肉にはビタミンBが豊富に含まれています。スキンケアや代謝アップにはかかせないので、しっかり摂取しましょう。

koe では、季節によっても様々な限定メニューを出しており、またコラボも開催しています。いろんなカルチャーを発信している場所なので、食事ついでにでも、普段触れたことのないものに挑戦するのもワクワクするかと思います。

 

 

定期的にイベントもおこなっているので、気になる方はチェックを!宿泊、ファッション、フード、自分の目的に合わせて、自由に活用してみて下さい。

 

【店舗情報】

東京都渋谷区宇田川町3-7

open: 7:30-23:00 (L.O. 22:30)

 info@koelobby.com 

03-6712-7257

コメント

タイトルとURLをコピーしました