mano cafe yore

台東区
スポンサーリンク

mano cafe yore

蔵前

「mano cafe」とセレクト雑貨店「yore」から成る、こちらのお店。一部で、「yore」って何ですか?という疑問が飛び交っているそうですが、「雑貨店」のことです。

ランチをしたりお茶をしたり。作家さんの作品を見たりプレゼントを選んだり。イベントやワークショップも企画中…。至れり尽くせり。1つの空間で、様々な事を楽しめるような工夫が施されています。

「yore=意味:デンマーク語「昔の」

昔の人が大切に扱ってきたモノ、今からこの先へ向かって永く愛用してもらいたいモノをセレクトし、提案して下さっています。誰にも何にも捉われず、心地よい風が通るような穏やかな雰囲気をイメージしているそうです。

メニューがやってくる前に、可愛いものを発見。

水さしが、キュートなことになっていました。

上から

ランチはその都度変わります。私はカレーのランチを頂きました。カレーは通年あるようです。丸くて白いお皿に、彩りの良い野菜とシンプルなスープに近いカレー。

隅田屋米を使用。野菜は季節のものを選んでいるようなので、その季節の旬の美味しいものを食べられます。

その人によると思うので個人差はありますが、私はカレーの量がちょうど良かったです。大体皆さん、ランチとスイーツの両方は多いかも・・・と思ってしまうところを、ちょうど良いサイズにしてくれているなと感じました。

カフェオレ・ポット

ドリンクにカフェオレを頂きました。

ポットがかわいらしいですね。

透明のカップで出てきましたが、しっかりホットです。グレーのペーパーが、さらに色を映えさせてくれますね。コップの底の方が、若干丸まっているのがかわいらしさを引き立てている気がします。

デザートにはティラミスパフェを頂きました。

パフェは毎月もしくは季節ごとに変わりますので、お目当てにされていく方は、確認しておいた方がよろしいかと思います。春のいちごパフェの人気っぷりはすごかったですね。いちごが終わっての、今年はティラミスのようです。

上から見ると、このようになっています。ココアパウダーがたっぷりかかっていますので、息をするときはご注意。飛んでいきます(笑)

食べるのが非常にもったいないですが、スプーン突入! 中はアイスクリームやグラノーラ、生チョコなどが詰まっていました。とっても贅沢!

その他、パウンドケーキ、スコーン、プリン、などもあったりします。

ドリンクメニューも豊富です。

ナチュラルでほっこりする空間なので、自分の好みのメニューを選んで、くつろいで過ごすにはもってこいのカフェです。

【店舗情報】

都営大江戸線「蔵前駅」A7出口より徒歩10分

〒130-0004 東京都墨田区本所 1-20-5
tel : 03-6658-5863
open : 11:00-18:00
(mano cafe L.O 17:00)
closed : Sunday/Monday

コメント

タイトルとURLをコピーしました