NUMBER SUGAR

渋谷区神宮前
スポンサーリンク

NUMBER SUGAR

表参道

手作りキャラメルの専門店。2013年にオープン。

原宿のキャットストリートから少し脇に入ったところに見える、おしゃれな白い建物の中にあります。飴職人の経歴があるご主人と奥さまの2人で開業されたそう。「キャラメルを通じて笑顔を広げ、想いを届け、元気を繋げる」がコンセプトのショップです。

プチギフトにも利用しやすいお店です。

ヨーロッパの古い老舗ホテルをイメージしたという店内には所々にアンティーク小物が飾られ、木の温もりが感じられるおしゃれな雰囲気です。キャラメルは種類ごとに木箱に並べられ、1個から購入することができます。

2018年10月には、千駄ヶ谷に2号店となるキャラメル工場もオープンしました。都内では珍しく、工場の様子を間近に見ることができます。さらに直売所では商品を購入することもできるので、視覚でも味覚でも楽しむことが出来るショップです。

キャラメルは繊細なお菓子です。火加減や火から下ろすタイミング、気候などにも気を配り、作業しています。そして納得いくものだけを店頭に並べているそうです。

フレーバーごとにナンバリングされたキャラメルは全12種類。年々開発され、どんどん「No.」は増えています。

フルーツやコーヒーなど各フレーバーの素材が練り込まれているので、素材そのもののおいしさを存分に味わうことができます。 

「自然なおいしさ」を追求し、約2年かけて完成したというキャラメルは超絶品です!ひとくち食べると口の中でとろける食感とやさしい味。私は個人的にキャラメルが苦手だったのですが、こちらのキャラメルは美味しく食べることが出来ます。

そして香料、着色料、酸味料などは一切使用せず、無添加であることもこだわりのポイントです。 賞味期限は約1ヶ月。夏は2週間など季節によっても異なりますが、保存料も不使用のため早めに食べることをおすすめします!

 

NO.1はナンバーシュガーのキャラメルは、商品名が番号になっています。ちなみに番号の順番はレシピが出来上がった順だそうです。

NO.1香りが良く滑らかな口当たりの「バニラ」、NO.2の「ソルト」はイギリス産とフランス産2種類の塩がキャラメルの甘味を引き立てている人気商品。

NO.3はセイロンとダージリンのブレンド紅茶とシナモンの香りが心地良い「シナモン&ティー」、NO.4はまろやかなガーナ産チョコレートを使用した「チョコレート」。

NO.5は「ラズベリー」。キャラメルとラズベリーの組み合わせは斬新と評判です。柔らかめに仕上げてあるのでより果汁感が楽しめます。NO.6は「オレンジピール」。チョコレートとも相性の良いオレンジピールは、甘いキャラメルに爽やかな酸味をプラスしています。こちらはしっかりした固さに作られています。

 

NO.7はクラッシュアーモンドがたっぷり入った「アーモンド」。滑らかなキャラメルとアーモンドの粒々の食感が楽しめる人気の商品。NO.8は「ジンジャー」。千切りした生姜を砂糖漬けにして煮詰めたものがキャラメルの中に入っていて、ピリッとした大人の味です。男性へのプチギフトにおすすめです。

NO.9は「ラムレーズン」。ほんのりとラム酒の香りがするレーズンが混ざっている新しい組み合わせ。NO.10は男性にも人気の「コーヒー」。コーヒーにキャラメルを溶かして飲むキャラメルラテや、森永のロングセラーキャラメル「ハイソフト」にもコーヒー味があることから、コーヒーとキャラメルの相性の良さは証明済みです。

 

No.11は2017年冬に発売を開始した「マンゴー」。コートジボワール産のマンゴーを弱火でじっくり煮詰めて、おいしさを引き出しています。

 

そしてNO.12は、期間限定フレーバーからレギュラーフレーバーとなった「ブラウンシュガー」。白砂糖ではなかなか出せないブラウンシュガーの深みのある甘さが優しい味わいです。バターと生クリームの風味も感じられるように丁寧に煮詰めて作られています。

キャラメルの種類はどんどん増えています。またキャラメルを使った他の商品も様々あります。ぜひ行ってみて下さい。

 

【店舗情報】

住所:東京都渋谷区千駄ヶ谷2-11-13 
時間:11:00~19:00 
定休日:水曜日

TEL:03-6427-3334

コメント

タイトルとURLをコピーしました