M;バターサンド専門店「PRESS BUTTER SAND(プレスバターサンド)」

ままこオススメ-東日本編-
スポンサーリンク

フレッシュバターを使用した滑らかなバタークリームとトロリと柔らかいバターキャラメルの二層仕立てをクッキーで挟み、「はさみ焼き製法」という技で一つ一つ丁寧にプレスして作り上げた、バランスの良い絶妙な食感と味わいを表現しています。

はさみ焼き製法をすることで、油分が適度に抜けて食感が良くなのだそうです。だから、サクサクと音も楽しめるような食感になっているんですね。

ミルキーなバタークリームと、ほんのり塩気のあるバターキャラメルの融合したコクのある味わいがとても贅沢。更に香ばしいクッキーに絡めながら食べる瞬間は、時が一瞬スローに感じるほどに浸っていたいような‥、美味しすぎてもっと長く味わっていたい気持ちにさせられます。

このボックス型には意味があります。中の柔らかいクリームが食べる際にはみ出さないための工夫や、表面に筋を入れることで、食感を楽しみつつ厚みを感じさせない割れやすく食べやすい優しさがあるのです。

例えば、人前で食べていてクリームがはみ出しちゃうと気になって食べにくいですよね。そんな場面にも配慮しているわけです。

分けやすい個包装はシンプルなデザインでありながらお洒落な印象が高く、さりげなく手渡しするのにもピッタリです。

プレスバターサンドは、主に東京を中心に店舗を構えて販売中ですが、JR京都駅西口にある「京名菓・名彩処・亰」内 には、近畿地方唯一の京都店が存在しています。

スペースは少し小さめの店舗ですが、東京の各店舗同様こちらでも随時行列ができている様子でした。

こちらのお店ではレギュラー商品の他、バターサンド〈宇治抹茶〉を京都店限定として販売中です。さすが、京都らしい抹茶を使った限定の商品は、絶対買いたいと思わずいられません。

コクのあるバターと香り高い抹茶の苦みが上手く絡み合うことで芳醇で上品な風味が広がり、香ばしいクッキーにも良く合い大変美味しかったです。

宇治抹茶を表したグリーンの個包装が鮮やかでとても綺麗ですね。パッケージのネイビーを使用したカラーリングには意味があり、繊細な抹茶の色と風味が損なうことを防ぐために、遮光の機能を兼ね備えているのだそうです。

東京にある工房一体店では焼きたての商品を食べることができ、1個売りから買えるのが嬉しいサービスです。但し、焼きたてはその場で食べることを目的としている商品なので、賞味期限は当日中となっていますからご注意ください。

箱入りのお土産などにお勧めな商品は、賞味期限は約10日程となっています。少し短いのかなぁと思う理由には、保存料などを使用していないというところにあるようです。お土産にする場合にはお渡しする時期など配慮して、お買い求めくださいね。

【店舗情報】
〇PRESS BUTTER SAND 東京駅店
東京都千代田区丸の内1丁目9−1 JR東京駅構内


0120-319-235 (受付時間 10:00~19:00)
営業時間 8:00~22:00
*東京店はこの他に『東京ソラマチ店』など全8店ございます。
〇 PRESS BUTTER SAND 京都駅店


京都市下京区烏丸通塩小路下ル東塩小路町 西口2F 南北通路
0120-319-235 (受付時間 10:00~19:00)
営業時間 8:30~21:00

コメント

タイトルとURLをコピーしました