M;リゾーピア久美浜

ままこオススメ-西日本編-
スポンサーリンク

リゾーピア久美浜は、久美浜湾と自然豊かな山々に囲まれた位置にあるリゾートホテルです。

今回、私たちの交通手段は自家用車だったのですが、初めての慣れない道もカーナビを頼りに無事到着することができました。

公共交通機関をご利用の際は、ホテルから久美浜駅・豊岡駅までの区間はシャトルバスを利用することができます。シャトルバスは予約制になっていますので、詳細をホームページなどでご確認することをお勧めします。

ホテル内に入ると直ぐにスタッフの方が出迎えに来られ、荷物を運んでくださいました。

アウトドアプールの設備があります。夏期のみの営業で、無料で利用することができます。この日は、幼いお子さんを連れたご家族が楽しまれていた様子が微笑ましかったです。

プールで有意義に過ごし、遊び疲れたら部屋でゆったりと体を休める…。主婦にしたら、この後食事の用意を心配しなくていい!と思えることがとても贅沢な気分になれるんですよね~♫(あ、私はプールには入っていませんけどね‥笑)

客室は大きく分けて、スタンダードツイン・スタンダード和洋・デラックス和洋・和室の4種類です。私たちは、和洋室にソファーを設置してあるゆったりサイズのデラックス和洋に宿泊しました。この部屋で5名が宿泊できるそうです。

広い窓からは自然豊かな景色が一望でき、癒し効果が抜群です。向こうに見えるのは久美浜湾で、窓から見下ろすと、先ほどのプールが見えます。

畳のスペースは、長方形の座卓を置いてかなり余裕があり、足を延ばしてくつろげる空間にとても開放感を感じます。和室だけでは布団を敷く手間があったりしますが、和洋を兼ね備えてあると、両方の利点を得ることができ一層の利便性を感じます。

冷え性や生活習慣病の改善に期待できる温泉大浴場もありますが、各部屋にもユニットバスが完備されています。温泉にゆったり浸かって旅の疲れを癒すのも良いですし、気軽にシャワーを使用したい時など部屋に浴室があると大変便利に思います。

ディナーのコース料理『羽衣』をいただきました。新鮮な海の幸や但馬牛、地元の食材をふんだんに使った料理に幸せな一時を過ごせたのでした。

【前菜】
もろこし豆腐 玉蜀黍と豆の和え セルフィーユ 湯蛸 胡瓜 金糸瓜 紅蓼 酢味噌のドレッシング

【造り】〈二人前〉 間八 鰹 海老食べ比べ
牡丹海老 甘海老 もさ海老 あしらい 山葵 土佐醤油

【焼肴】 スズキの油焼き クミンの香り
古代米と京丹後米のリゾット 芽キャベツ 蓮根煎餅

【蒸し鉢】 トマトと夏野菜の冷たい茶碗蒸し
茄子 オクラ ヤングコーン ズッキーニ 旨出汁ジュレ

【台の物】 〈二人前〉但馬牛の焼しゃぶ 柚子胡椒の餡を絡めて
レタス 玉葱 木野子 柚子

【食事】鯖のへしこ茶漬け 香の物

【水菓子】フルーツの盛り合わせ
紫蘇とはっかの蜜掛け

夕食・朝食共に、施設内にあるレストラン『新日本海料理 旬恵』にて食事をいただきます。チェックインの際に食事の時間を指定しておけるので、決められた席にスムーズに着くことができます。

こちらは、小鯛の干物がメインの朝食。数点の小鉢やデザートが付いています。下の小さな盛り合わせは、ミニバイキング形式で、食べたい分だけ自分でお皿に盛り付けていただきます。どれもホカホカの出来たてで大変美味しかったです。

さて、私たちのこの日の旅の予定は、天橋立周辺の観光スポットを巡ってきたのですが、その話はまた機会ありましたら続きを書きたいと思います。

【施設情報】-リゾーピア久美浜-

住所; 京都府京丹後市久美浜町湊宮1302-2

電話番号; 0772-83-1380

チェックイン;15:00 チェックアウト;11:00

HP; https://rt-clubnet.jp/hotels/smc/kumi/

コメント

タイトルとURLをコピーしました