Saten

杉並区
スポンサーリンク

Saten

西荻窪

この地に足を踏み込んでしまったら、きっと戻ってこられなくなるだろう。そう思ってなかなか足を踏み込ますに、遠くから見守っていました。しかしついに、決断の時がやってきました!いつまでも行かない、行かないとだだをこねていてもしょうが無い。私は行くのです!

こちらは日本茶の専門店。2018年の春にオープンしました。平日でも混雑し、土日も行列が出来てしまうほどの人気店です。駅からも5分程度のところにあるので、行きやすいところもポイント。

また、日本茶専門店で修行し、自らも日本茶専門店を経営していた茶リスタと、ブルーボトルコーヒーのリードバリスタをしていた方がタッグを組んで作ったお店です。なので、日本茶の茶葉はもちろん、お店で使っているすべての材料を厳選し、一番美味しい方法でお茶を淹れることに長けています。

オープンな店舗。レジで注文をして、お会計を済ませてから席に着きます。

主にカウンター席、テーブルが数席、テラスがあります。

「和」というよりは、和の要素もあるのですが、洋楽の音楽がかかり、ベルベットの生地で作られた席があるなど、洋の要素を上手に取り入れられています。

店内①
店内②

カウンター席によっては、このようにお茶を入れるところを目の前で見ることが出来ます。なので、初めて来た場合は、確実にこちらのカウンター席がお勧めです。お茶をシャカシャカする音が、とても心地よいです。

ちなみにですが、団体用の席は内容ですので、大人数での来店はオススメしません。

カップや茶器、食品や、その他グッズなど販売されています。1番目をひいたのは、梅干しが販売されていたことですね。

梅干しの金額しか覚えていなくて申し訳ないのですが、500円、おそらく税別。まるいプラスチックの容器に、うめぼしが5個くらい入っていて。なぜかよく分からないですが、かわいいと思って購入しそうなところを押さえました・・・。

すみません、私、梅干しが苦手であれば、近々プレゼントがあげられそうな人もいなかったため。でも気になったので、次回、ご縁があれば購入でしょうか。

はい、抹茶プリン!上からバージョン!!

抹茶プリンは数量限定の販売だそうなので、食べたい方は開店から早めに行った方がいいですよ!

ちなみに朝はモーニングセットがあったり、他にもトーストが美味しそうなのですが。私は初めて訪れたのと、抹茶好きという点でとりあえずそちらは我慢。

抹茶プリンは2層に分かれていて、上が抹茶部分。下は牛乳や生クリームで作られた白い部分から出来ています。

上の抹茶はねっとりとしているのですが、驚きなのは下の部分。本当に柔らかいです。あんまり雑に扱うと、本当に液体っぽくなってきます。スポーンですくうことはできますが、固形よりでは無いと言うことを覚えておいた方が良いかもしれません。

ちなみに私は容器からこぼしてしまい、なんだかよく分からない白い水たまりが出来てしまいました。なんとなく悲しかったです。

とりあえず、他のカフェさんたちが出しているプリンとは違いますので、食べてみることをおすすめします!

そして注目、抹茶ラテさんです。

グラデーションが鮮やかですね♪ 混ぜないと別々で飲んでいる感覚になってしまうのですが、非常にもったいないです。

こちらも注文が入る度に、茶師さんが丁寧に1杯1杯煎れて下さいます。茶葉は抹茶で有名な、京都府宇治市の製茶辻喜の抹茶を使用しています。

飲んでみて、他の抹茶ラテが飲めなくなりそうなくらい、抹茶が濃厚。今回はラテで頂きましたが、次回はシンプルを楽しみたいです。

その他、こだわりのドリンクメニューが揃っておりますので、みなさんもお好みのものを試してみて下さいね。

【店舗情報】

住所:東京都杉並区松庵3-25-9
電話番号:03-6754-8866
営業時間:10:00〜21:00
定休日:月曜
最寄駅:西荻窪

コメント

タイトルとURLをコピーしました