セブンスイーツ

スポンサーリンク

セブンスイーツ

いろんなカフェを巡るのも良いけれど、おうちでスイーツを楽しむのも良いじゃないか!そんな気持ちで、コンビニスイーツを手に入れては、今のコンビニの現状を探っております。

カフェもいろんな楽しみ方がある!いろんな角度から幸せを探しに行きますよ!

■セブンイレブンとは

コンビニエンスストアの始まりは、1927年、アメリカ・テキサス州のオーククリフという町の小さな氷小売販売店。当時、各家庭に電気冷蔵庫が普及しておらず、冷蔵庫用角氷は生活に欠かせない必需品でした。

同年に設立されたサウスランド・アイス社(現 7-Eleven,Inc.)の、氷小売販売店を任されていたジョン・ジェファーソン・グリーン氏は、夏の時期には週7日・毎日16時間の営業をつづけ地域の人から喜ばれていました。しかし、お客さまから「氷を売ってくれるのは便利だけど、卵や牛乳、パンもあるともっと便利になる」との声が。そこで、氷の販売だけでなく、卵や牛乳といったデイリー食品の取り扱いもスタート。現代でいう『コンビニエンスストア(=便利なお店)』が誕生したのです。

1946年には、朝7時から夜11時まで、毎日営業するチェーンとして、営業時間にちなんで店名を「7-ELEVEN」と変更。その後1971年、多くの7-ELEVENが実質的に24時間営業となり、1974年には、日本に第1号の「セブン-イレブン」(東京都江東区豊洲)がオープンいたしました。

さて、セブンイレブンに関して簡単に説明したところで。

最初のスイーツは「きみのプリン」。

2019年の6月後半ごろから発売されました。前のたまごプリンも良かったのですが、新たにきみのプリンとしてのご登場。

昔ながらの見た目。濃厚な味わいとなめらかな食感がたまらないそうなのですが、さてさてさて。

お値段は148円(税込159円)。コンビニスイーツならこんな所・・・という感じですね。

 

横から

セブンイレブン。やはり金色が好きなのでしょうか。金色シリーズも出しているので、金色が印象的なイメージもあります。

製造者を確認しますと栄屋乳業株式会社というところが製造しているそうです。栄屋乳業株式会社は愛知県岡崎市にあるデザート商品を製造販売しているメーカーだそうです。主にコンビニやスーパーのデザートを手がけてるそうです。

プリンは、卵黄を15%使用して、じっくりとスチームオーブンで焼き上げることによって、なめらかに仕上げられているそうです。実際とてもなめらかで、卵感もしっかりあります。

カフェには行けないけれど何か美味しいスイーツを堪能したい!そんなときにこういうスイーツがあると、とても嬉しくなりますね!

他の商品も食べ次第、また投稿させて頂ければと思います!

ありがとうございました。

 

参考

セブン‐イレブンのすてきなスイーツの時間

コメント

タイトルとURLをコピーしました