STREAMER COFFEE COMPANY

渋谷区
スポンサーリンク

STREAMER COFFEE COMPANY

渋谷

渋谷を中心に展開している店舗で、ラテアートが非常に美しいカフェがあると聞いてやってきました。渋谷カフェは個人的に行き詰まっているので、良いところがあると聞けば行ってみる価値あり!

大通り沿いにあると言うよりは、何本か路地に入ったところにありました。辺りは静かで、ビルや住宅のみ。そんなに良いコーヒー店がなんだか埋もれているようにも見えれば、隠れ家のように知っている人だけが知っている独特の雰囲気もたまりません。

シアトル系のコーヒーがいただける、インスタなどでもよく見られるショップです。アメリカ西海岸のコーヒー文化にインスパイアされたラテアートをほどこしたラテが自慢となっています。

食品会社のサラリーマンだった澤田洋史さんが退職後、語学留学先のシアトルで感銘を受けたラテアートがこのショップのラテの原点だそうです。2010年4月に、この渋谷にストリーマーコーヒーカンパニーの1号店を作ります。当時日本でエスプレッソやラテと言えばイタリア、というイメージを覆すアメリカ発のエスプレッソ文化をもたらしました。

こちらは渋谷店。この渋谷区内にも系列店も併せて数店舗あり、学芸大学などにもあります。

澤田氏は、2008年にシアトルで開催された「フリーポアラテアートチャンピオンシップ」の世界チャンピオンです。現在は澤田さんは店舗に立ちませんが、そのスピリットを持つスタッフの方々によってラテアートが作られています。ミルクのピッチャーだけでラテアートを描くフリーポアという手法は細かい絵柄を創り出すにはかなりの技術が必要です。

店内は大きな大テーブル、カウンター席、ソファー席など様々。

カウンター席に座ればコンセントもあるので、長居したい方には便利かと思います。

アイスラテを注文しました。値段は570円。ラテにはブラジル産のコーヒー豆に少量のインドネシア産の豆がブレンドされたものを使用しているそうです。ラテはミルクを入れるため、コーヒーにはほどよい苦みが必要となってきます。深入りと浅煎りを混ぜることによって味に個性が出るそうです。

あれだけラテアートと言っておきながら、暑さに負けました。ごめんなさい。夏でもできるだけホットを飲むようには心がけているのですが、ついつい手が伸びました(笑)

 

コーヒー豆は鮮度が大事です。品質を一定レベルで保つため、焙煎された翌日までの配送のものを使っているそうです。焙煎は各店舗の豆を1つの工場でたくさん焙煎されています。この方が品質が一定になるという理由だからだそうです。お店ではこの豆をラテの注文を受けてから豆を挽いてくださいます。

ブロック形のチョコがゴロゴロ入ったクッキーをおやつに。

しっとりタイプの生地です。生地自体も甘く、珈琲やラテを飲むと、ちょうど良い感じになります。

他にも、ストリーマーラテで使うコーヒー豆の2倍の量を使って作る、コーヒーの味が濃厚なリボルバーラテ。抹茶のグリーンとホワイトチョコレートのホワイトのミックスされた素敵な見かけのミリタリーラテなど。好みによって様々なラテが楽しめます。

皆さんもぜひ、行ってみて下さいね。

【店舗情報】

東京都渋谷区渋谷1-20-28 1F

03-6427-3705

平日 8:00〜18:00

土日10:00〜18:00

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました